「新生存学」の構築を!ー漢方薬エキス散の処方についてー 王 瑞雲 Wang, Rui-Yun

 46年前、アルバイト先の病院で小太郎漢方製薬散のエキス散に出会って以来、私は西洋医学から次第に離れてしまいました。始めの内は点滴も採血もし、心電計も買い込んでの開業もしたのですが自己流ながら診療をするうちにどんどん西洋医学的な検査はしなくなりました。
 そしてこうして時間が経ってしまいますと薬そのものがうんと少なくなってしまい、行き着くところ「病人は自分で自分の身体に責任を取ればいいだけのことだ」という考えに至ったのです。
 つまり医療とは生きる上で大切ですが、「生きられる最低条件は何か?(為生存市中雑学論.2010年10月 Wang,Rui-Yun(王瑞雲)提論)」という思考の中では、ほんの一部分の問題でしかも手段にすぎないのです。生きるためには、昔から言われるように「医(衣)、食、住」の「確立と自立」が必要であり、私は更に「教と法」を加えているのです。医療の医は、言うまでもなく病人になる可能性がある人がその症状を治めることであり、これを他人にできる限り頼らないのが生きる力となるのだと分かったのです。
 「食」も同じで人は食べずには生きられませんし、そして他人に頼るほどに生きる力は弱くなります。また身体は食べ物の化身とも言われています。人は他の生命を頂戴して自分のエネルギーに作り替え、初めて生きる力となるのです。住は言うまでもなく、人の身の置き所ですし、これには5つの条件が付いています。
 
(つづく)